新作搾りたてオーストラリア産

《オーガニック エクストラバージンオイル》


日 本 初 上 陸 ! 

from Australia

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-1-25-43


オーガニック エクストラ バージンオイル

  三大特長  


1.オーガニック

無農薬、搾りかすを肥料にしたオーガニック栽培

2.単一品種

自社農園内のアルベキーナ種のみでまぜもの一切なし

3.一番搾り

収穫後4時間以内に農園内工場にて
コールドプレス、自然ろ過後に瓶詰め
実が新鮮なうちに搾油するから酸度0.2%以下



エキストラヴァージンオリーブオイルと名乗れる条件

1.オリーブの果実のみを絞ったものであること

2.機械的作業のみで作られ、化学精製されていないこと

3.酸度 0.8%以下であること

4.専門家による、味覚や嗅覚などを用いた検査により完全な食味をもっているとされたもの



コールドプレス (Supremitura a Freddo)
30度以上の熱をかけていない時「コールドプレス」と表示できます。

オリーブオイルは高温にすると劣化が始まり、香りや鮮度を落とすことになります。
特に圧搾方法で遠心分離機を使った場合、熱を加えた方がオイルを搾油しやすいため、
かなりの高温にしてしまうメーカーもあるようです。
鮮度を気にしているメーカーは必ずこの表記(コールドプレス)があります。
またスーパーなどでよく置いてあるエクストラバージンではない
オリーブオイル(またはピュアオリーブオイルと書いてある物)は
精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルのブレンドになりますのでこの表記はできません。
なぜなら、精製オリーブオイルは過程で加熱処理をされてしまうからです。



本物のオリーブオイルは酸度で選ぶ

日本農林規格(JAS):酸度は2.0%以下

IOCによる国際商取引基準:酸度 0.8%以下

ということは、多くの先進国では
エキストラヴァージンと名乗れない品質の商品が、
日本のスーパーには堂々と
エキストラヴァージンオリーブオイルとして
売られているのです

当社のエクストラバージンオイル:酸度 0.2%( <0.8% <2.0% )


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-1-40-17

安心、安全、健康で

美味しい商品



 商品説明 

オリーブオイルはポリフェノールを始めとする

抗酸化、抗菌、抗アレルギー物質を豊富に蓄えています

オリーブオイルは風邪の予防、健胃腸、歯痛、感染症予防などの

万能薬として重用されています

上質のエキストラバージンオイルはオレイン酸が7割を超え

血中コレステロール(LDL)を下げる働きがあると言われています



 商品の特徴 

安心・安全の無農薬栽培

安心・安全の無添加

コールドプレス製法による抽出

ポリフェノールが豊富



 用途 


一日にスプーン大さじ2杯
そのまま飲んでカラダの中からきれいに


パンにつけて食べる

オリーブスパイスを振りかけると
さらに美味しくなります


フレッシュジュースで割る


サラダや豆腐、味噌汁に入れる

 

オリーブスパイスと最強のコンビ

 

オリーブオイルにオリーブスパイスを混ぜると驚きの美味しいドレッシングが出来上がります

野菜にもパンにも、何にかけても病みつきになります

 

 

お買い求めはこちらへどうぞ

 

 


 製造場へリンク

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-26-18-31-14



 品質保証システム 

HACCP認証済み

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-15-01-21

azard

nalysis and

ritical

ontrol

oint

HACCP とは、食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある
微生物汚染等の危害をあらかじめ分析( Hazard Analysis ) し、その結果に基づいて、
製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという
重要管理点( CriticalControl Point ) を定め、
これを連続的に監視することにより
製品の安全を確保する衛生 管理の手法です。

この手法は 国連の国連食糧農業機関( FAO )と世界保健機関( WHO )の
合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,
各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

ー厚生省HPよりー