お客さま
オリーブの歴史について教えて下さい?
古賀
はい、以下にネットから借用しました

「オリーヴの森」より

野生のオリーブの起源は、一説によると約8000年前と言われています。野生種は現在のヨーロッパや北アフリカなど地中海沿岸一帯に自生していました。
約6000年前には、現在のトルコ南部・シリア周辺で、栽培が始められました。この地域に住んでいたフェニキア人は航海や通商に優れており、彼らによってオリーブ栽培が近隣の国々に伝えられたと言われています。
地中海の東部で始まったオリーブ栽培は徐々に広がり、約3200年前にはギリシャ諸島で、その後ギリシャ本土でも栽培が始まりました。
約2500年前にはアフリカ経由でイタリア南部に伝えられました。同じ頃、北アフリカ経由でスペイン南部にもオリーブ栽培が伝えられます。南部から北部へ、そして近隣各国へと次々に広がっていき、やがてオリーブ栽培は地中海沿岸の国々にとって、なくてはならない産業となっていきました。


古賀
栽培開始エリアにトルコが入っています